大炎上のモンスター社労士から考える本来の社労士の目的と職責とは?

twitterなどで「モンスター社労士」などと大炎上になっていましたが、「すご腕社労士の首切りブログ」がメンテナンス中となりました。

特に問題となったのが、『「モンスター社員」をうつ病に罹患させて退職に追い込む方法を指南』という記事のようですが、それ以外にも、ストレスチェック制度に関する記事では「社労士としては、うつでいかれた社員を追放すべく尽力をするのが仕事と考えます」などと書いていたようです。。。

こういった社会保険労務士のせいで、真面目にやっている数少ない社労士は迷惑していると思うので、今回は、社労士という士業制度の目的、職責についてご紹介します。

スポンサーリンク

社会保険労務士の目的と職責

士業というのは国家資格であれば、必ずその目的などを規定する法律があります。

法律がなければ、それは国家資格ではありません。

社会保険労務士は国家資格なので、もちろん社会保険労務士法というものがあります。

社会保険労務士法
第1条(目的)
この法律は、社会保険労務士の制度を定めて、その業務の適正を図り、もつて労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。
第1条の2(社会保険労務士の職責)
社会保険労務士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正な立場で、誠実にその業務を行わなければならない

この目的に規定されているように、社会保険労務士というのは、あくまで中立な立場になります。

今回の社労士のように、さも経営者側として振る舞う社労士が多くいますが、目的の中にはっきりと「事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上」と規定されているわけですから、それは目的をはき違えていることになります。

もちろん、社労士は、経営者から雇われ、報酬が支払われています。

だから、経営者側として振る舞うのは当然だと、まるで開き直ったかのように言う人も多いのですが、本当にそうでしょうか?

経営者が本当に求めていることは、まさに「事業が健全に発達し、事業に関係するすべての人達が幸せになること」であり、そのためのアドバイスができる専門家なのではないでしょうか?

「いやいや、現実は、『俺が正しいんだから、俺の言うことに従っていれば良いんだ』という経営者は多いよ、だから仕方ないんだ」とおっしゃる方もいます。

まるで理不尽な上司に悩まされ、いやいやながらも従うサラリーマンのような発言ですね。。。

法人というのは、言わば「人」です。経営者はその「人」の運営を任されているのであり、その運営が失敗すれば交代すべきです。

今回の報道を受け、これまで以上に、私は専門家として、経営者のためではなく法人という組織の発展、骨太で強い組織づくりの支援をやっていこうと心に誓った次第です(^0^)

参考

「社員をうつ病にさせてクビにする方法」提案する社労士 厚労省が「非常識」と驚くブログの大炎上

大炎上のモンスター社労士から考える本来の社労士の目的と職責とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!