いくら才覚があってもルールを守らないならビジネスマン失格と裁判長も言っていますよ

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

「なめ猫」って流行りましたよね。世代が少し上なので、私はどうやって爆発的な人気になったのかあまり知りませんが。その発案者が、脱税容疑で裁判になっているようです。

たまたま見つけたニュースですが、裁判長って判決理由の後にこのようなことを言ったりするんですね。

ビジネスでもスポーツの世界でも同じです。同じルールの中で戦うから面白いし、尊敬されるわけですよね。

なめ猫、生みの親に有罪 – 裁判長「ルールなめるな」

約1億円を脱税したとして法人税法違反罪に問われた葬儀会社2社の元実質経営者で、1980年代に流行したキャラクター「なめ猫」の発案者津田覚被告(65)に、東京地裁は9日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。駒田秀和裁判長は判決理由の朗読後、「いくら才覚があっても、ルールを守らなければビジネスマンとしては失格です。ルールをなめてはいけません」と説諭した

判決は懲役1年6月、執行猶予4年、罰金1700万円(求刑懲役1年6月、罰金2千万円)。法人としての2社は、罰金計1050万円(求刑同1200万円)とした。津田被告は控訴する方針。

いくら才覚があってもルールを守らないならビジネスマン失格と裁判長も言っていますよ
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!