30歳年上の部下と付き合うために私が実践したたった一つのこととは?

年功序列崩壊、成果主義の導入と言われて久しくなりますが、あなたの会社はいかがですか?

今回は、当事務所によく寄せられるご相談の中から「年上の部下とうまく付き合うためのコツ」について、実際に、私が管理職として、30歳年上の部下と付き合ったときに、試行錯誤しながら実践したことをご紹介します。

スポンサーリンク

公務員も意外と年功序列!

いきなり質問しますが、公務員って年功序列のイメージがありませんか?

実は、この答えとしては、半分正解・半分不正解です。

公務員には採用職種というのがあって、同じ職種では基本的に年功序列ですが、違う職種になると年功序列ではなくなります。

例えば、国家公務員では、今は変わったようですが、職種としてI種、II種、III種というのがありました。

この職種の違いというのは、そもそも試験が違います。そのため、最初の採用時からI種職員、II種職員、III種職員と違っていたんです。

そして、国家公務員I種とII種であれば、昇進速度に格段の違いがあり、30代のI種職員が、40代のII種職員の上司になることは普通にあるわけです。

年上の部下・年齢差は30歳!

公務員も少しずつ登用制度によって変わってきているところはありますが、このように採用時に決まった超えられない壁というのがあり、それを「仕方ない」と思う人もいれば、「やはり若造が上司になるとむかつく」という人はいるわけです。

これは人の心理ですから仕方ないことですし、公務員に限らずどの組織でも同じです。

私自身が経験した中で、最も年齢差があった年上部下は、なんと30歳!

最大30歳差の部下ということは、私が生まれたときに30歳だった方です!!

仕事の能力や成果といった問題以上に、そもそも経験値は雲泥の差があったわけです。

はっきりいって、上司といっても、その方には、ほとんど教わってばっかりだったというのが正直なところです。

先輩からの大切な教え

公務員になった時点で、この逆転現象は必ず起きるということで、20代の若かりし頃から、多くの先輩から様々なアドバイスを頂いていました。

それをまとめると、結局は「人間力」と「仕事力」です。

身も蓋もないことですが、私自身、管理職を経験してやはり同じように思ってます。

年齢に関係なく、嫌われる人は同年代にも後輩にも嫌われますし、仕事をしている以上、仕事ができなければ性格が良くてもやはりバカにされます。

だから、仕事の上では、自分が正しいと思えば、年上の部下であっても遠慮なく決断し、指示を出す、後で自分が間違っていたことがわかれば謝る、これは部下が年下だろうが年下であろうが同じことです。

そして、そのときの仕事に全力を尽くす、これに尽きます。

ただ、気をつけるべきことは、自分より長い経験を有する方には、やはり一定の敬意を払うべきであるということです。

どんな経験であれ、長年の経験というのはバカにできません。

先輩からの?な教え

逆に、そりゃ違うでしょっていうアドバイスを頂いたこともあります。

「何でも知っているフリをせよ。」、「教えてくださいと言うな」、「絶対に謝るな」などなど。。。

私が管理職になったときに行った最初の挨拶で、部下に対して「一生懸命仕事に励みますが、皆さんの長年のご経験によるアドバイスもお願いします」と言ったわけですが、その後、上司にかなり怒られたんですね。

怒られた理由は、「部下に対して『お願いします』なんて言うな、『俺についてこい』って言うんだ」ということでした。。。

これは自らつくった会社の経営者だったらそこまで言うべきかもしれませんが、組織の一管理者、しかも初めて管理職になった若者が言うべきセリフなのか、未だに謎です。

今でも私が宝物にしている感激した一言

私自身がうまく年上の部下に対応できたかどうかはわかりません。

頼りにしてくれた人もいましたし、うまくいかなかった人もいます。

それは仕方ないと思っています。結局は人と人との付き合いですから(笑)

ただ、今でも宝物のように感じている言葉があります。

その方は、その年を最後に退職という方で、ご本人は引退したいと希望されていたのですが、とても有能な方であったため組織として再雇用をお願いしていました。

ちなみにその方と私との年齢差は26歳でした。。。

再雇用を渋るその方の説得を日々続けていたときに、「やはり引退したい、だがあなたの下だったら働いても良い」って言ってくれたんです。

後にも先にもあんなに感動する言葉を頂いたことはありません。

本当にうれしかったし、今でもあのときの状況を思い出すと、嬉しくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後は自慢のようになってしまいましたが、今回は年上の部下とどのように付き合っていくべきかというテーマで記事を書きました。

人付き合いにもちろんコツや相性というのはありますが、結局は人間力に尽きるのではないかと思っています。

仕事を一生懸命行う、経験のある方には教えを請う、いずれも基本的なことですが、基本を忠実に行う、それこそが成功の秘訣なんだと私は信じています。

30歳年上の部下と付き合うために私が実践したたった一つのこととは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!