ブラック企業?過去12年間で処分を受けた企業リスト(実名入り)

BLOGOSで見つけた以下の記事ですが、これはすごいですね。割と有名な企業もリストに掲載されています。

しかし、処分を受けても、開き直る経営者というのは意外といます。もちろん、行政機関として業務停止や送検というのは国民を処罰するものになるので簡単な仕事ではありません。しかし、被害を被った人たちというのはいますし、その人たちのために相応の処分を与える訳ですが、その結果、開き直られてみると意外と何もできないとなると、つらいものです。私自身も悔しい思いをしたことがあります。

ということで、これは消費者庁や経済産業省、各都道府県によって業務停止命令などが出された企業名ですが、ぜひこういうリストについて、行政は一本化して欲しいところですし、後からいつでも検索できるようにデータベースも作ってほしいですね。

顧客は大事にしつつ社員は大事にしないというのが、典型的なブラック企業ですが、このリストにある企業というのはそもそも顧客も大事にしてないんですからね。。。救いようがない企業です。

参考:これはすごい。便利!>消費者庁が発表した、過去約12年分の業者の実名入りの処分リスト

スポンサーリンク

処分は年間100件前後、いやいやもっとありますよ!

今回の処分リストでは、平成15〜26年の12年間で1,278件ということで年間100件前後ですが、それは消費者庁、経済産業省、各都道府県による処分のリストです。

実際、各行政機関でも処分して公表している事案は多いです。例えば、厚生労働省関連では、以下のように助成金の不正受給を行った企業や、送検した企業名を発表してます。

参考:厚生労働省東京労働局発表・雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金不正受給に係る事業所名等の公表

いや、ほんと、淡々と事務的にされていますが、こういうのをデータベース化して、後からでも見れるようにしておくというニーズは確実にありますよ。こんな企業に間違っても就職したくないですし、何より開き直り得なんて許せないですから。

ブラック企業?過去12年間で処分を受けた企業リスト(実名入り)
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!