あなたの会社は大丈夫? 労働相談件数は7年連続で100万件超え!

あなたの会社は大丈夫ですか?

労働相談というのは、労働者から職場のトラブルや不満などについて行政に相談するものです。

その件数というのが、なんと7年連続で100万件を超えている状況です!

追記

平成27年度の総合労働相談件数が発表されており、内容について以下の記事で紹介しています。

労働相談件数が8年連続で100万件超・パワハラは4年連続トップ
平成27年度の総合労働相談件数が8年連続で100万件を超えています。このうち最も多い相談が「いじめ・嫌がらせ」、いわゆる「パワハラ」でこちらは4年連続でワースト1位となっています。
スポンサーリンク

平成26年度の総合労働相談件数は7年連続で100万件超!

平成27年6月に平成26年度の総合労働相談が発表されましたが、7年連続で100万件を超えました。

sogo-rodo-h26

なお、民事上の個別労働紛争というのは、労働基準法など行政が関与するものではないトラブルのことです。

労働相談の内容ワースト3は?

この労働相談のワースト3は、

  1. いじめ・嫌がらせ
  2. 解雇
  3. 自己都合退職

となっています。

最も多い相談が、「いじめ・嫌がらせ」、いわゆるパワハラ関係ですが、これは3年連続で1位です。

次に多い相談は解雇、その次が自己都合退職、さらにその次が労働条件の引下げとなっています。

ただし、この労働相談の数字は氷山の一角と言われています。

確かに、不満を抱えている人が皆、行政に苦情を言っているとは思えませんからね。

以下のリンクに詳細な資料があるのでご参考ください。

統計だけでなく、実際のあっせん事例なども掲載されています。

参考

解雇に関する具体的な事例

例えば、解雇に関するあっせん事例としては以下が掲載されています。

申請人は、正社員として勤務していたが、社長から、「仕事に対するやる気が見えない。」と言われ、解雇を通告された。

事前に注意や指導がなく、いきなり解雇されたため、納得がいかない。このため、経済的・精神的損失に対する補償金として、100万円の支払いを求めたいとしてあっせんを申請した。

この事例に対するあっせんの結果は以下のとおりです。

  • あっせん委員が双方の主張を聞いたところ、被申請人は、解雇予告手当を支払ったと主張したものの、あっせん委員の調整の結果、解決金として40万円支払う考えを示した。
  • 申請人は提示された解決金額について同意したため、解雇予告手当とは別に解決金として40万円を支払うことで合意が成立し、解決した。

このようなトラブルは、金銭的・時間的な面で、何ら得することはありません。

最初の小さな火種のうちに対応しておけば、こんなことにはならなかったはずです。

人には感情があります。

だからこそ迅速かつ的確な対応が必要ということです。

あなたの会社は大丈夫? 労働相談件数は7年連続で100万件超え!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

中小企業の人事労務担当者の育成を中心に活動。その他、労働法令に関する専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師にも対応。詳しくは業務内容のページをご参照。

error: Content is protected !!