人事に活かしたい診断ツール・エニアグラムをご紹介

小さい組織には小さな組織なりに、大きな組織では大きな組織なりに抱える最大の難問が、人間関係にまつわる問題です。

今回は、社員にもクイズ形式で楽しんでやってもらえるエニアグラムを使った社員のタイプ分類によるマネジメント方法を紹介します。

参考にしたのは、President Onlineの以下の記事です。

参考

スポンサーリンク

エニアグラムとは?

エニアグラムをご存じない方のために、簡単に解説すると、エニアグラムとは「人間は9つの性格タイプに分けられ、私たちは皆、その9つのどれかに当てはまる」という考えに基づいたコーチング方法です。

日本でも法務省などの官庁、ホンダ、ソニー、ダイキンといった大企業が人事研修の一環として導入し、徐々に普及しつつある人材マネジメントツールということです。

そして、この9つのタイプは「気質」を表しています。

「性格」や「人格」は年齢を重ねていくにつれて変化する後天的な特徴を示すのに対し、「気質」はその人が生まれ持った先天的な性質を指すということです。

とはいっても、私自身が試してみた感想では、20代の頃を思い出して質問に答えてくださいと言われても、どうしても今の自分の状況に照らして答えていってしまうので、後天的な部分も出ている気がしていますw

特に社会人になってから周りの人から受ける影響というのは大きいですからね。

エニアグラムの9つのタイプ

エニアグラムのチェックリストに答えて導きだされる9つのタイプは以下のとおりです。

  1. 完全主義者タイプ。正義感が強く生真面目な努力家。神経質で融通が利かない。
  2. 博愛主義者タイプ。細かい気遣いで、自己犠牲を厭わない世話好き。押しつけがましい、八方美人。
  3. 成果主義者タイプ。競争心が強く、能率、マネジメントを重視。仕事熱心で行動的。成功への意欲が強い。
  4. 芸術家タイプ。ロマンチスト、感受性が強く、繊細な天才肌。豊かな創造力を持つ。ナルシシスト。
  5. 研究者タイプ。探究心が旺盛。冷静沈着で学究肌。分析力に富む皮肉屋。内向的。
  6. サポータータイプ。責任感が強く、規則を厳守する。安全第一で疑い深い。新しい挑戦は苦手。
  7. 楽天家タイプ。好奇心旺盛で楽天的な自由人。柔軟性があり、気分転換が上手。飽きっぽい。
  8. 挑戦者タイプ。統率力があり自信家。他人に操られるのを嫌う。決断力があり、逆境に強い。
  9. 平和主義者タイプ。マイペースで無欲。友好的で葛藤を嫌う。器が大きい。逃避的。怠慢。

そして、記事の中では、この9つのタイプをイメージしやすいように、漫画のキャラクターを当てはめています。

適切と思えない微妙なキャラクターもいますが、まあイメージはしやすいです。

  1. 星一徹
  2. ドラえもん
  3. 峰不二子
  4. スナフキン
  5. 名探偵コナン
  6. マスオさん
  7. サザエさん
  8. ジャイアン
  9. ウルトラマン

マネジメントに活かすためのエニアグラム

実際に、それぞれの人たちがどのようなタイプになるのか、それを知るだけでも楽しいですが、大切なのはどのような気質を持った人材なのか、チームを組むときにどのような組み合わせにすると最高のパフォーマンスを出せるのか、そういったマネジメントの参考になるということです。

タイプによって優劣がある問題ではないということ、完全に理解し合えない相性の組み合わせというのはないということに注意が必要です。

それぞれのタイプによって思考の組み立て方が違うということを、お互いに認めることが重要です。そうすれば、コミュニケーション方法も自ずと変わってきます。

ちなみに、記事によると、日本人の約6割は挑戦を回避したがるマスオさんタイプで、同じタイプとしては、飛雄馬、のび太くんも当てはまるそうです。

命じられたことを着実に遂行することに安心、喜びを得ます。チャレンジ的なリスクは回避して、コツコツ努力して積み上げていくのが得意。

そして、これも面白いのですが、日本経済新聞に連載されている「私の履歴書」を分析したところ、創業経営者の6割がジャイアンタイプだったということです。

参考にしたい人材採用の募集方法

これは大いに参考になると思いますが、募集広告の失敗例も紹介されています。

ある企業の創業者が、「昇進は実力主義! やる気のある若者募集!」と威勢のよい求人広告をしたのですが、何回採用してもみんな辞めてしまう。

分析してみると反応して応募してきたのはジャイアンタイプばかり。お山の大将が大勢集まってもうまくいくはずがありません。誰にメッセージを発するかで言葉の選び方、訴えるポイントは変わってきます。

他人に操られるのを嫌うジャイアンタイプばかりの企業のマネジメントを任されたらぞっとしますw

ただ、これは起業したばかりの会社だと頼もしい限りかもしれません。放っておいても、新規事業を思いつき、実行していくわけですから!

増え続けた新規事業をまとめ安定させていく段階になると、違ったタイプが必要になるでしょうし、マネジメントが必要な段階になってしまったら、辞めちゃうでしょうね。。。

まとめ

最後に私のタイプもご紹介しておきますw

私は、名探偵コナンとジャイアンが最多得点で同点でした。逆に点数が限りなく低かったのが、スナフキンとウルトラマンですw

どちらも当てはまっている気がしますが、いかがでしょうか?

参考まで、メールアドレスなどの登録不要で、エニアグラムのチェックリストをご紹介しておきます。

ぜひ、試してみてください。

参考

人事に活かしたい診断ツール・エニアグラムをご紹介
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!