キャリア・カウンセリング理論の実践「キャリアストーリー・インタビュー」を経験してみた

昨年末から参加している読書会「キャリア・カウンセリング理論」ですが、いよいよ実践的な部分「キャリアストーリー・インタビュー」に入ってきました。

前回の読書会の様子はこちら。

サビカスのキャリア・カウンセリング理論に関する読書会に参加してみた
はじめて読書会に参加してみましたが、想像以上に収穫のある時間を過ごすことが出来ました!課題の本は「サビカス キャリア・カウンセリング理論」、管理職研修や採用面接にも役立ちそうな内容の一部をご紹介します。
スポンサーリンク

キャリアストーリー・インタビューの実践

サビカスによると、このキャリアストーリー・インタビューは、「30年にわたる実践を通じて進化させてきた刺激となる質問であり、最大限の効果を上げる質問」だそうです。

質問項目は以下の5つですが、その質問順序についても意味があるようで、確かに以前の質問順序は異なっていたということも読書会で紹介されていました。

キャリアストーリー・インタビューフォーム

A. あなたがキャリアを構成していくうえで、私はどのようなお役に立てるのでしょうか?

  1. あなたは、子供の頃成長する過程でどのような人に憧れ、尊敬していましたか? その人について話してください。
  2. 定期的に読んでいる雑誌や、定期的に見ているテレビ番組はありますか? それは何ですか? その雑誌や番組のどんなところが好きですか?
  3. あなたの好きな本、または映画は何ですか? そのストーリーを話してください。
  4. あなたの好きな格言や、指針となる言葉(モットー)を話してください。
  5. あなたの幼少期の最初の思い出は何ですか? 3歳から6歳頃に、あるいは思い出せるかぎり早い時間に、あなたに起きた出来事に関する3つの物語を話してください。

各項目の質問の意味は本書の中で解説されており、詳しくは読んでいただければと思いますが、私も読書会前に、一度やってみたのですが、想像以上に昔の記憶を呼び起こされました。

アインシュタインは、

もし自分が死ぬかもしれない状況になり、助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう

という名言を残しています。それだけ質問の重要性を示唆しているわけですが、このキャリアストーリー・インタビューの意味を知った上で、実際に行ってみると、忘れていた記憶が呼び起こされます。

カウンセラーの力量にかなり依存するインタビュー

特に1つ目の質問・ロールモデルの部分への回答に苦労したのですが、実際に読書会に参加し、他のメンバーの方の回答を聞いているうちに、「そういえば・・・」と思い返していきます。

こういったことが独学ではできない勉強会の魅力ですね。

ただ、このインタビューを活かせるかどうかは、カウンセラーの力量にかなり依存するというのが実感です。

例えば、私は3つ目の質問で、本書でも例として掲載されている映画「ゴッドファーザー」を回答しましたが、私が語るストーリーと自分自身の将来の可能性がどのように統合していけばよいのかわかりませんでしたから。。。

ここまで読まれた方は、少しは興味があるかもしれないので、少し触れておくと、1つ目の質問は、ロールモデルのどんなところに憧れているのかを語らせることにより、無意識のうちに自分自身の自己概念を説明しているそうです。

自分自身の内面をえぐり出されるような気がして怖くなりませんか?

私は怖い反面、とてもこの世界に興味を持ち始めてきています(^0^)

サビカス キャリア・カウンセリング理論
マーク・L・サビカス
福村出版
売り上げランキング: 17,161
キャリア・カウンセリング理論の実践「キャリアストーリー・インタビュー」を経験してみた
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!