1200人が答えた理想の職場とは? アンケート結果は意外なものに・・・

あなたの職場は社員にとって快適な職場であると自信をもって言えますか?

もし、あなたが、以下のような職場環境を構築しているのだから「社員はきっと満足しているに違いない」と思い込んでいたら、ちょっと待ってください。

  • 同業他社より賃金を高くしている!
  • 子育てと両立しやすい職場を形成している!
  • 残業を少なくしている!

これらのすべては確かに良いことですし、多くの中小企業の経営者は実施できていない、いや、もしかしたら、考えてすらいないかもしれません。

しかし、実際にアンケートに回答した1,200人の意見は少々違うようです・・・

今回は、職場の理想と現実のギャップについて把握することを目的に、日本法規情報株式会社が1,200人を対象に行った「職場環境の実態に関するアンケート調査」の結果をもとに、理想の職場、職場環境で大切なことについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

理想の職場=ダントツで人間関係!

アンケートに回答した1,200人が理想とする職場は以下のとおりです。

ideal-workplace

1位の「人間関係が良い」、2位の「良い同僚・上司に会える」って、結局はどちらも人間関係の良さということですよね?

そう考えると、この2つを合計すると、34.4%、つまりぶっちぎりで第1位が「人間関係」です。

  1. 人間関係が良い18.3%
  2. 良い同僚・上司に会える16.1%
  3. 賃金が高い12.8%

このアンケート結果を見ると、「賃金が高い」から、社員は満足しているとは一概には言えない状況のようです。もちろん、第3位に入っているので、賃金が低くてよいというわけではありません。

この点は以下の研究結果でも明らかになっています。

衝撃的な研究結果!職場うつ病の原因とその対策とは?
今年の12月から、50人以上の社員を抱える事業場は、ストレスチェック制度の導入を義務づけられますが、準備は順調ですか?今回は、定説を覆す衝撃的な研究結果である職場のうつ病の原因、中小零細企業こそ、このストレスチェック制度に積極的に取り組むべき理由を解説します。

そして、メンタルヘルスの影響は2年遅れて業績悪化という結果に繋がるという調査研究結果もあります。

メンタルヘルスと企業業績・2年遅れて利益に負の影響(研究結果)
うつ病は、日本では約15人に1人が一生のうちに一度はかかる病気と言われていますが、メンタルヘルスの問題に関してあまり身近な問題として感じていない経営者も多いようです。そこで今回は、メンタルヘルスと企業業績に関する興味深い研究を紹介します。

アンケート結果では、そのほかに、

  • 有給休暇が取りやすい
  • 子育てと両立しやすい
  • 残業がない

といった労働条件面の内容が続きます。割合が比較的少ないとはいえ、有給休暇が取りやすい職場は理想的という意識もあるようです。

罰則あり!有給休暇の日数等の基礎知識を完全解説!
労使双方に誤解の多い有給休暇の日数・発生要件等の基礎知識について、法令の内容、判例などを活用し、完全解説します。

快適な職場環境の実現は経営者の義務!

あまり知られていませんが、実は労働安全衛生法では、事業者の責務として、快適な職場環境の実現を求めています。

労働安全衛生法第3条(事業者等の責務)
事業者は、単にこの法律で定める労働災害の防止のための最低基準を守るだけでなく、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない

そして、その快適な職場環境の具体的な措置として、以下を講ずることが求められています。

労働安全衛生法第71条の2(事業者の講ずる措置)
事業者は、事業場における安全衛生の水準の向上を図るため、次の措置を継続的かつ計画的に講ずることにより、快適な職場環境を形成するように努めなければならない

  1. 作業環境を快適な状態に維持管理するための措置
  2. 労働者の従事する作業について、その方法を改善するための措置
  3. 作業に従事することによる労働者の疲労を回復するための施設又は設備の設置又は整備
  4. 前三号に掲げるもののほか、快適な職場環境を形成するため必要な措置

ちなみに、これは努力義務です。義務と努力義務の違いについては以下の記事で解説していますのでご参考ください。

義務と努力義務の違いとは? 努力だからやらなくてもよいは本当?
法律を読むときには、法律用語を正しく理解しておかなければなりません。間違った理解・運用では下手をすると罰則を受けてしまいます。今回は、義務と努力義務の違いについて法的な観点から解説します。

今日のまとめ

いかがでしたでしょうか?

社員のことを知っているつもりでも、実際にアンケートを行ってみると、意外な結果が出てくることもあります。

せっかく賃金アップ、労働条件・福利厚生の向上を行っても、社員の満足度がそんなに上がらないと切ないですよね?

わかっているつもりでも、実際に聞いてみると、意外なことを求めている場合もあります。私の経験上、賃金や賞与を少し上げるくらいなら、特典的な休暇を与えた方が社員は喜びます。

社員のモチベーションを上げるための理論と実践・給料以外の報酬はこんなにある!
今回は、非金銭的な報酬、つまり給与や賞与に関連させずに社員のモチベーションを上げる実効性のある方法をご紹介します。

ぜひ、経営者の皆様は、このようなアンケート調査を意識しつつ、自社の社員が何を望んでいるのか、何を行えば社員はより生産的に働くのか意見を聞いてみることをオススメします。

もちろん出来ること出来ないことはありますが、経営者が社員のことを考え、改善しようとする姿を見るだけでも社員の満足度は上がることは間違いありません。

また、人間関係を良くするためには、社内の風通しを良くするしかありません。社内の風通しを良くするには社内イベントの開催などと考えがちですが、それでは一時的な活性化しかなりません。

コミュニケーションの活性化というのは、以下の本でも詳しく紹介されていますが、実はきちんと仕組み化する必要があるものです。

コミュニケーション経営―12のミッション 人材を育てる!組織が伸びる!
西嶋 恵理子
日本規格協会
売り上げランキング: 456,134

参考

1200人が答えた理想の職場とは? アンケート結果は意外なものに・・・
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!