やはり日本企業は劣化しているのか? 経営茶坊主と経営企画部の関係?

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

なかなか刺激的なタイトルの記事「日本企業は劣化したのではなく、もともといい加減だった」を見つけました。

その中で人事コンサルタントに関する内容を含んでおり、また常々感じていることが書かれていたので所感を含めご紹介します。

スポンサーリンク

経営茶坊主と経営企画部

結構長文の記事で、最近の日本企業の不祥事や、同じ本を読んで私も印象に残っていたインセンティブに関するイスラエルの罰金事例などが取り上げられています。

ただ、記事の中で強く同意してしまったのが以下の部分です。人事コンサルタント会社のマーケティング力ってすごいですね。これまで接点がなかったので考えたことがありませんでしたが、経営企画部というのは、経営する人が考えるべきことを考える部署なんですね。

第三者委員会が本当に第三者なのかを評価する第三者委員会が必要というブラックジョークを思い出しました(^0^)

日本企業の成果主義は、経営者周辺の社内エリート層と(筆者は「経営茶坊主」と呼んでいる。典型的な部署名は「経営企画部」だ。経営者が本来の機能を果たしていないから、こういう名前の部署が存在するのだろう)、マーケティング上彼らに巧みに取り入った人事コンサルタント会社の作品だが、社員の仕事自体に対するやる気や責任感を、かえって後退させている。

加えて、近年、経営者層の報酬額が上昇したことで、中間管理職を含む一般社員(正社員の大半)は、会社の責任になるようなことは経営者たちに任せておけばいい、と考えるようになった。「社員の一人一人が、あたかも社長であるかのように会社のことを考える」という熱気は、大半の社員から失せた。むしろ、経営者の報酬に比べて大いに少ない報酬で「我慢」して働いていることを、会社に対する貸しのように思うようになった。

組織に蔓延する「他人事」感

私が、上の記事を読んでまっさきに思ったのが「他人事」感です。私が人事制度の話をするときによく用いているのですが、人事制度で大事なことは、社員の「他人事」をいかに「自分事」に変えていくかです。

「幹部がダメすぎる」、「うちの会社ではどうせ無理」、「頑張るだけ損」、サラリーマンの人と話すとこんな言葉を以前はよく聞きました。

では、「自分」としてどうしたいのかを聞くと、自分のしたいことはちゃんとあるわけです。じゃあ、すればいいだけです。でも「時間がない」、「しても評価されない」ということで結局堂々巡りになります。

したいことがあるなら上司や同僚にぶつけるしかありません。

私も以前の職場でどうしてもやりたいことがあったので上司にぶつけてみました。そして返ってきた答えが「やりたいなら一人でやれ」というものでした。

もちろんそれまでやっていた仕事の量が減ったわけでもなく、時間外にまるで趣味のようにやっていたわけですが、それでも満足感・達成感はありました。

もちろん悔しい部分もありますし、実際一人でやったわけですから、今でも「これは私が一人で作ったものなんですよ」と自慢しています(^0^)

話が逸れてしまいましたが、経営者を含め、社内全員が他人事のように考えて仕事をしていたら、当然組織は崩壊するでしょう。

私は、日本企業がもともといい加減だったとは思っていません。大手企業で人事をしている方も多く知っていますが、みなさん熱く自社の将来や今後やるべきことなどを語っています。なので、劣化していません・・・あ、何人か退職しているな・・・やっぱり劣化しているのかな・・・

社内の一人一人が、自分事として毎日の仕事をとらえ、事業を行っていけばすごいことができると思うんですけどね。

参考

日本企業は劣化したのではなく、もともといい加減だった

やはり日本企業は劣化しているのか? 経営茶坊主と経営企画部の関係?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

自社・他社の評判・分析を正しく把握するために

うちの会社はどんな評判なのだろうか、退職者が最近増えているけどもしかして同業他社に転職しているのだろうか、最近はそんな悩みを聞くことが増えています。

求人情報などの表の情報だけでなく、クチコミを調べるのは、今や求職者も会社の人事担当者も基本です。

求職者であれば入社予定の企業のクチコミ情報を集めますし、人事担当者にとっては自社・同業他社がどのようなことを言われているのかを分析することが重要です。

最近はこのような企業の内情を知るためのクチコミサービスは増えていますが、その中でも登録企業数は43万社以上、そして年収情報まで掲載されている国内最大級のキャリコネ転職サービス では企業の内部情報を無料で見ることができます。

今すぐ転職したいという人でなくても、現在の仕事で本当に良いのか、他社の状況を知っておくことは有用ですし、人事担当者としても自社の状況改善・他社の動向把握のためにもこうしたサービスを有効に活用しましょう。

キャリコネ転職サービス

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

毎月1回、人事に悩む経営者や人事担当者向けに、公開型のブログでは書けない本音を交えた人事の秘訣をお伝えしています。

また、人事担当者が対応すべき時期的なトピック、購読者限定のお得なサービスのご案内などを配信していますので、ぜひお気軽にご登録ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

従来の顧問契約とは異なり、中小企業の人事労務担当者の育成を主要業務とする。専門記事の執筆やセミナー・社内研修の講師にも対応。

あべ社労士事務所の業務案内

error: Content is protected !!