平成28年の有給休暇消化率は48.7%! 規模別・業種別の消化率もグラフにしてみた!

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

今回は、最新の統計調査である「平成28年就労条件総合調査結果」に基づく、有給休暇消化率、10年程度の推移、規模別・産業別の消化率をご紹介します。

スポンサーリンク

有給休暇消化率は48.7%と前年から上昇

平成28年就労条件総合調査結果によると、有給休暇の取得日数は8.8日、調査対象となった労働者1人平均付与日数は18.1日であったことから、消化率は48.7%となっています。

有給休暇消化率の推移については以下の図のとおりです。

ここで知っておきたいのは、有給休暇消化率は50%すら超えていないということです。

規模別の有給休暇消化率

次に、規模別の有給休暇消化率をグラフにしてみました。規模が大きくなるほど消化率が高くなっていますが、999人以下の場合は50%を切っています。

ここで抑えておきたいのは、有給休暇の付与日数の法的な最大値である20日から換算すると、300〜999人の場合の消化日数は9.4日、30〜99人の場合の消化日数は8.7日ということです。

割合だけ見ると会社の規模の違いで大きな差があると思うかもしれませんが、有給休暇の消化日数で考えると年間で1日の差しかないということです。

産業別の有給休暇消化率

最後に、産業別の有給休暇消化率をグラフにしてみました。

最も有給休暇消化率が高かったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の71.3%、それに対して、最も有給休暇消化率が低かったのは「宿泊業、飲食サービス業」の32.6%です。

これは前年の調査結果と同じです。

ただ、前年の調査結果と比べて大きく減少したのが、「運輸業・郵便業」で前年の51.1%から48.2%と3%近くも落ちています。

まとめ

今回は、最新の統計調査である「平成28年就労条件総合調査結果」に基づく、有給休暇消化率、10年程度の推移、規模別・産業別の消化率をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

日本の有給休暇の消化率は他国と比べて著しく低いと言われており、その改善のため、平成27年に労働基準法改正案が提出されているのですが、国会では審議すらされず放置されている状況です。

法改正に伴う有給休暇消化の義務化により、少なくとも50%は超えて欲しいと個人的には期待しています。

また、実務ベースで考えると、有給休暇消化率が100%に近い会社では今回の統計を用いて、採用の際にもアピールできますね。

有給休暇の消化なんて当たり前のように感じますが、当たり前のことができていない会社も多いということで。。。

労働基準法改正により企業は年5日の有給休暇取得が義務化される!
厚生労働省は企業に対して年間5日以上の有給休暇を義務づける労働基準法改正を国会に提出しました。これは正社員だけでなく、パート・アルバイトの人も含みます。今回はこの改正法について詳細に解説します。

なお、年間休日数の平均や労働基準法の最低限の年間休日数については以下の記事で解説していますので併せてご参考ください。

年間休日の平均は105日でも120日でもなく108日または114日が正しい数字ですよ!
厚生労働省による調査結果をもとに年間休日の平均(企業平均、労働者平均)、労働基準法上の最低限の年間休日数について解説します。

あなたの会社の就業規則は大丈夫ですか?

あなたが就業規則の変更の必要があるかもしれないと思っても、本当に必要なのか、専門家に高いお金を払って依頼する価値があるのか不安に思うかもしれません。

見直しに着手する前に、まずは就業規則の診断をしてみませんか?

あべ社労士事務所では「就業規則の診断サービス」を行っていますのでお気軽にご利用下さい。

お知らせ 確定申告の準備を1日半で完了! クラウド会計ソフトfreeeは個人事業主に必須のツール!
お知らせ マイナンバー対応にお悩みの人事担当者のご要望にお応えし、就業規則の規定例を作成しました!
平成28年の有給休暇消化率は48.7%! 規模別・業種別の消化率もグラフにしてみた!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣をお伝えします。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。業務内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちら

error: Content is protected !!