確定申告の準備を1日半で完了! クラウド会計ソフトfreeeは個人事業主に必須のツール!

「確定申告」のシーズンになると、「あぁ、面倒な時期になったな」、「領収書を一から入力か・・・」と憂鬱な気分になりませんか?

当事務所のような零細個人事業主レベルでも、1年間の領収書を一度にまとめるとなると、結構なボリュームになります。

この時期になると「きちんと毎月記帳しておけば良かった・・・」と悔やむ人も多いでしょう。

通帳、クレジットカードの履歴、現金処理した領収書から、一つ一つ勘定科目を判断し、会計ソフトに入力していく作業・・・考えただけでも憂鬱になりますね。

そんなこともあって利用し始めたクラウド会計ソフトfreeeですが、これが個人事業主の手間を省くあらゆる機能を網羅し、今年の確定申告の準備を1日半で完了させてくれた最高のツールでしたので、今回はご紹介します。

スポンサーリンク

クラウド会計とは

従来の会計ソフトは、まずパソコンにソフトをインストールし、データもパソコン上に保存をしていました。そして、ソフトのアップデートがある度にアップデート、そして更新のために費用もかかる。。。

しかし、近年流行しているクラウド会計ソフトではそんな手間も費用も不要です。

インターネット上で会計ソフトを使用することができるため、パソコンにインストールする手間がありません。

また、データもインターネット上に保存されるため、例えば出張先でも、そして別のパソコンでも使用することができます。

何よりクラウド会計ソフトでは、インストール型ソフトと違って、アップデートなどの更新費用もかかりませんし、そもそも自分でアップデートする手間も不要です。

すべて最新の状態のソフトを使用できるわけです。

そして、これは当事務所にとって最も恩恵があったのですがMacでも利用できます

支払いは、毎月の定額のみ、しかも年間契約にすればさらに安くなる! 良い時代になったものです!

最近、行政は電子申請を猛プッシュしていますが、あれってWindows + Internet Explorerじゃないと利用できないんですよね。。。

クラウド会計ソフトの2大有名ソフト

そんなクラウド会計ソフトの中で、まさに二大巨頭のように君臨している有名なソフトが「クラウド会計ソフトfreee」と「MFクラウド確定申告」です。

この2つのソフトのどちらが良いのか、多くの比較記事がインターネット上にありますが、様々な違い・価格を考慮した結果、当事務所の結論としてクラウド会計ソフトfreeeの方をオススメしています。

料金の比較

まず、やはり気になるところは使用料金でしょう。

インストール会計ソフトは最初にソフトを一括して購入し使っていく形ですが、クラウド会計ソフトの特徴は毎月定額を支払う形になります。

そのため、今回は、両ソフトの個人事業主向けの料金を比較しておきます。

クラウド会計ソフトfreeeの料金
  • スターター:980円/月、9,800円/年
  • スタンダード:1,980円/月、19,800円/年
  • プレミアム:3,980円/月、39,800円/年
MFクラウド確定申告の料金
  • フリー:無料
  • ベーシック:800円/月、8,800円/年
  • バリューパック:3,980円/月、年額プランなし

MFクラウド確定申告」には驚愕の無料プランというものがあります。

ただ、無料プランは確かに目を引きますが、月間仕訳件数が15件/月という限度は痛いところです。

サラリーマンの副業的なものであればこの程度の仕訳数で大丈夫かもしれませんが、事業を拡大しようとする人にとって安定的に事業を拡大する方法は、取引先を増やすことです。

既存の取引先に大きく依存していて、そこが危なくなったら一気にリスクが高まりますし、なによりその状態って下請けですよね。。。

そのため、両者の違いを考える上で、ミニマムなプランの比較としては以下のようになり、わずかながらMFクラウドの方が安くなります。

  • クラウド会計ソフトfreee:980円/月、9,800円/年
  • MFクラウド確定申告:800円/月、8,800円/年

使いやすさの比較

私自身、クラウド会計ソフトを使ってみて「もはや手放せない!」とその実用性を大きく感じたのが、連携機能です。

銀行、クレジットカード、そして交通機関として利用しているnimocaとの連携機能です。ちなみに、nimocaは西鉄グループが発行しているカードで、西鉄電車や西鉄バスだけでなく、JRでも利用できますし、自動販売機でも利用できます。suicaのようなものです。

これらの連携機能によって、銀行口座の入出金は自動で登録されていくため、通帳からの転記は完全不要になります。

また、事務所用の備品や消耗品を購入するときもクレジットカードを利用すれば、そのデータは自動で会計ソフトに登録されていきます。

さらに、仕事柄、仕事用の本も毎月大量に購入していますが、Amazonとの連携機能もあるため、購入情報も自動で登録されます。

電車やバスでもnimocaを使えば、1回1回の履歴もすべて会計ソフトに取り込まれていきます。これは1度経験したら、楽すぎて、元には戻れません(^0^)

ポイントは可能な限り現金払いを避けることです。これだけで確定申告の作業が大幅に軽減されます。

当事務所で利用している自動登録機能
  • クライアントからの報酬:銀行口座への振込
  • 事務所用の備品や消耗品:クレジットカードで購入
  • 事業用途の本:Amazonで購入
  • 交通費:nimocaを利用

また、仕訳する際に勘定科目を決める必要がありますが、1度決めてしまえば、次回以降の入力は自動で仕訳をしてくれる学習機能もあって、その精度も高いです

では、「クラウド会計ソフトfreee」と「MFクラウド確定申告」のどちらが良かったか?

これについては、簿記の知識がない私のような経理初心者にとっては「クラウド会計ソフトfreee」の方が素早く処理できました。

実際、導入に当たっては、当事務所でも様々なレビューを参照しましたが、税理士による比較サイトとして、「税理士が比較!freee(フリー)VS MFクラウド会計」という記事があり、その中で以下のようにまとめられています。

フリーランスで簿記や経理の知識がない人・・・freee(フリー)又は MFクラウド会計
法人・簿記や経理の知識が少しある人・・・MFクラウド会計

レシート撮影からの自動入力機能は手放せない!

ここまで、料金と使いやすさの比較をしてきましたが、実は、私が「クラウド会計ソフトfreee」を選んだ最大の理由が、レシート撮影からの自動入力機能です。

先程ご紹介したとおり、当事務所では極力、現金払いを避けています。

ただ、そうはいっても、少額の文具の購入などではまだまだ現金を利用することが多く、領収書からの入力というのが地味に面倒だったわけです。

そんなときに役立つのが、レシート撮影からの自動入力機能です。

この機能を利用するプランで料金の比較をすると以下のようになります。

  • クラウド会計ソフトfreee:1,980円/月、19,800円/年
  • MFクラウド確定申告:3,980円/月、年額プランなし

冒頭でも書きましたが、当事務所では今年の確定申告の準備を1日半で完了しました!

それは、このレシート撮影からの自動入力機能があってこそだったわけです。

勘定科目の判断をするのは経理の勉強にもなるのでそれほど抵抗感はないのですが、1年分の束になったレシート・領収書を一つ一つ入力していくのは苦痛以外の何者でもありません。。。

領収書をもらって、スマホで撮影・・・これだけです! 今まで記帳業務を主にしていた税理士事務所は大変でしょうね。。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は当事務所の経理の根幹となる会計ソフトの紹介をしましたが、「クラウド会計ソフトfreee」と「MFクラウド確定申告」のいずれも素晴らしいソフトです。

デザインや操作性の好みというのはありますし、最後に書いたようにレシート撮影の機能についても「それは不要」という方もいるでしょうから、どちらが良いとは一概には言えません。

ただ、両ソフトを使用してみた経験から言えば、税理士の方も記事でまとめていたように、経理初心者にとっては「クラウド会計ソフトfreee」というのは、確かに簿記の知識がなくても、すんなり処理できています。

なにより、当事務所の場合、レシートの束の処理という大きな問題を解決してくれ、前回たった1日半で確定申告の準備ができたという嬉しさは大きいです、その分本業に時間を費やすことができますし(^0^)

ほんとに1回使ってみたらもう手放せなくなりますよ!

ムダな業務や時間を削減し、浮いた時間を本業に集中するというのは事業の基本ですし!

ちなみに、どちらのソフトも30日間無料のお試し期間がありますので、まずは試してみることをオススメします。

こういうのに登録すると、その後営業電話がかかってきて嫌な気分になる・・・というのはこの2社ともありませんしw

あなたの会社の就業規則は大丈夫ですか?

あなたが就業規則の変更の必要があるかもしれないと思っても、本当に必要なのか、専門家に高いお金を払って依頼する価値があるのか不安に思うかもしれません。

見直しを依頼する前に、まずは就業規則の診断をしてみませんか?

あべ社労士事務所では、満足いただけなかった場合、全額返金保証の「就業規則の診断サービス」を行っています。

お知らせ 確定申告の準備を1日半で完了! クラウド会計ソフトfreeeは個人事業主に必須のツール!
お知らせ マイナンバー対応にお悩みの人事担当者のご要望にお応えし、就業規則の規定例を作成しました!
確定申告の準備を1日半で完了! クラウド会計ソフトfreeeは個人事業主に必須のツール!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!