スタートアップの労働条件を無料で診断してくれるサイトをご紹介!

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

当事務所では、最近とあるご縁により、新たに起業しようとしている個人事業主への支援を行っています。起業当初から人を雇うということなので。

雇用に関しては実際に始まってから変更するのはほぼ不可能です。そのため、今後何が起こるかを十分に理解した上で、諸条件を設定しておくことが重要になります。「月給15万にしていたけど、当初の売上見込みよりも低いから、来月から月給10万にするね!」とはなかなかできないわけです。

そんな中、人を雇うとどんなことに気を付ければよいか、説明するだけでも大変ですが、ちょうど良いサイトがあったのでご紹介します。

スポンサーリンク

スタートアップの労働条件を無料で診断・詳細な解説あり

check-labor-condition01

厚生労働省は、11月1日に、新規起業事業場などが労務管理・安全衛生管理などについて、ウェブ上で診断を受けられるポータルサイト「スタートアップ労働条件」を開設しています。

診断項目は以下の6つ、ゲストユーザーの場合は40問(所要時間約15分)、登録ユーザーの場合は54問(所要時間約20分)ということであり、また詳細な解説もあります。

  1. 募集、採用、労働契約の締結
  2. 就業規則、賃金、労働時間、年次有給休暇
  3. 母性保護、育児、介護
  4. 解雇、退職
  5. 安全衛生管理
  6. 労働保険、社会保険、その他

ちなみに、私もゲストとして診断をしてみました。

check-labor-condition02

満点を取れなかったのは残念。。。

ただ、不正解だったわけではなく、より良い回答があったようです。でも、事業規模によって回答が変わりうる設問もありましたし、解説を見ても「法律上問題ありません」と書いていたので、なら別にいいじゃん・・・ということで。

実際に雇用する際の注意点

上のサイトでは、行政による詳細な解説もあり、もちろん、正確な情報ではあるわけですが、この診断はあくまで法令の内容に関する最低限のチェックであると理解しておく必要があります。

例えるなら、アメリカに留学するので、まずは中学英語くらいは抑えておこうというレベルです。中学英語で十分暮らしていけるかもしれないけど、暮らしていけない可能性の方が高い、そんな感じです。ちなみに暮らしていけたとしても、数か月は周りから失笑されることは間違いないです。私も辛い経験をしました・・・

話を戻しますが、実際に人を雇うときには、少なくとも以下の点について決めておく必要があります。

これは法令・規制による正しい・悪いという問題ではなく、経営者としての考え方・労働者の希望によって決まる部分です。

  • 雇用形態:正社員・パート
  • 雇用期間:有期・無期
  • 労働時間・賃金:扶養控除・社会保険との関係、月給制・時給制、基本給と手当の関係・配分

人を雇い入れたときは、労働条件の明示という義務がありますが、上の項目の決定内容によって文面もも変わってきますし。その点については以下の記事で解説していますのでご参考まで。

労働条件の明示義務と労働条件通知書について図解解説!
今回は人事労務管理の基本中の基本である労働条件の明示について、労働条件通知書と交錯するやっかいな点を図解して解説します。

また、契約社員と正社員の違い、契約社員とパートの違いなど基本的な部分ではありますが、意外とご存じない方もいるので、そのような方は以下の記事をご参考下さい。

契約社員とは? 法的に定義のない契約社員と正社員の違いを明快に解説!
契約社員という言葉はよく使用されますが、実は契約社員という用語に法的な定義はないことをご存じですか?今回は、「契約社員とは」という切り口で、正社員やパートタイム労働者との違いについて解説します。特にパートタイム労働者との違いは混乱しやすいので注意が必要ですよ!

参考

ポータルサイト「スタートアップ労働条件」

オススメの給与計算ソフト

人を雇用すると必ず発生するのが給与計算です。

給与計算は簡単そうに見えて、所得税、住民税、労働保険、社会保険といった手続きが、入社日などによっても変わりますし、控除するための率なども毎年のように変更されているため、はじめて行う方にはかなりの負担になります。

そうはいっても、給与額を間違えるのは、あってはならないことです。

そのため、事務の手間を省くため、そして計算を間違えないために、当事務所のクライアントの多くが、以下の2つのサービスのどちらかを利用しています。

実際、クライアントの方に、利用してみた感想を聞いてみると、給与計算の仕組みをあまり考えずに利用できるということから、給与計算ソフトfreeeの方が好評のようです。

クラウドサービスの場合、出張時など離れた場所でも利用できますし、ソフトのアップデートも不要で、常に最新のサービスを利用でき、とても便利になったと喜んでいます。

どちらのサービスも無料で利用を開始できるため、まずは試しに登録してみてはいかがでしょうか?

スタートアップの労働条件を無料で診断してくれるサイトをご紹介!
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!