未来の人事が求められる仕事と役割とは?

こんにちは。福岡の社労士・安部敏志です。

突然の質問ですが、人事の仕事内容を説明できますか?

人事の仕事というと、大抵の人は採用、面接、給与、税金、社会保険の手続きなど、採用活動や給与事務がまず頭に浮かぶようです。

しかし、実際はかなり幅広い業務をこなす必要があり、また求められる能力や役割というのは多岐にわたります。

今回はそんな人事の仕事内容を改めて定義し、未来の人事が求められる仕事と役割について、専門家として率直な私見を述べます。

スポンサーリンク

人事の幅広い業務内容と180度異なる進め方

人事は、採用活動や給与事務以外にも、

  • 社員向けの研修業務
  • 転勤・昇進・降格・配置決定・退職・解雇といった人員配置・人事評価業務
  • 福利厚生業務
  • 働きやすさを向上させるための休暇制度
  • 職場環境の制度再構築業務
  • 家賃補助などの補助制度の整備

など、担当する業務の幅は多岐に亘っています。会社によっては、もっと多くの業務を担っているかもしれませんし、それは会社の文化や経営者の考え方にもよるでしょう。

そして、ややこしいことに、これらの業務の中には、業務の進め方が全く異なるものがあるということです。

例えば、給与手続きや保険手続きといった社員のお金に関することは、絶対にミスが許されません。

そのため、慎重な上に慎重な対応が求められます。まずはやってみて、間違ったら謝ればよいといった姿勢では困ります。

その一方で、時間をかけるよりも、まずは動き出すことが重要な業務というのもあります。研修の計画や働きやすさ向上のための制度再構築業務などは、正解があるわけではありません。

他社の成功事例を真似することは良いことですが、それでうまくいくケースはほとんどありません。まずはやってみて、多くの社員からのフィードバックを受けて、随時内容を変更していった方が良いというのもあります。

つまり、一口に人事の業務といっても、業務の進め方が全く異なるものがあるということです。

HR総合調査研究所による「人事のキャリアに関するアンケート調査」結果をまとめた記事:「人事担当者に求められる能力、仕事とは?」は、とても興味深いものですが、この記事を読むと、業務ごとに求められる能力が全く統一されていないということがよくわかります。

人事の仕事内容と根本的な役割とは

すべてのことに通じますが、本質的な役割を常に意識すべきです。

それでは、人事の本来の仕事・役割とは何でしょうか?

以下の記事でも書きましたが、人事の仕事を私なりに定義すると、

人事の仕事の目的は、会社にとって必要な人を採用し、働きやすい環境・働きがいのある場を提供した上で、社員の能力を開発し、会社の成長に貢献すること

です。そして、人事の仕事というのは、組織として最も重要な経営資源である「人」を扱うものであり、会社の土台・骨格づくりを担う仕事であるということです。

人事の仕事に求められる3つのポイントとバランス感覚
人事の仕事とは採用だけではありません。今回は人事に求められる仕事内容と役割について解説します。

人事というのは、バックエンド業務、つまり裏方業務ではありますが、人事が機能していない組織、他の部署から嫌われているような組織は、将来危ういと言えるでしょう。

そのため、あなたの会社の人事部、または人事担当が、先程定義した内容と異なることをしていたり、余計な業務に時間を取られているのであれば、本質的な役割に時間を割けるように、業務改善や業務の見直しを通じて、再定義することが組織として急務です。

実際、「人事担当者に求められる能力、仕事とは?」の中でも、

今後重要になる人事業務について聞いたところ、1位は「人事戦略」(65%)、2位は「教育・研修」(63%)だが、両者の差は2ポイントにすぎない。人員計画と制度にかかわる戦略を立案し、戦略に基づいて人を育成し、適切に処遇していくことに重きを置いているということだ。

続いて「新卒採用」(45%)、「人事労務管理」(35%)、「中途採用」(28%)、「海外人事」(18%)、「契約・派遣・アルバイト採用」(7%)の順になっている。

という回答になっています。「人員計画と制度にかかわる戦略を立案し、戦略に基づいて人を育成し、適切に処遇していく」、逆に言えば、そうしていかなければ企業は生き残っていくことはできないという危機感にも思えます。

私の考える未来の人事の仕事・役割というのは、以下のとおりです。

  • 人事の顧客は、同組織の他部署である。そのため、顧客である他部署に対してどのようなサービスを提供していくのか見直すことが必要
  • 人事は、組織内の人の能力・適正について最も把握しておくべき組織。その一方でその時点での社員の能力・適正を把握しているのは所属部署の長。そのため、人事は各部署からの情報なくして業務を行うことはできず、各部署との強い連携が必要
  • 給与事務や保険手続きなどのルーティン業務はシステム化、またはアウトソーシングを行い、人事こそ率先して人件費を減らす。
  • 人事のような管理部門は数値評価が難しいと言われているが、それは間違い。顧客からの評価をもって人事は評価されるべき。つまり、組織内の他部署から人事は評価されるべき

特に、私が人事担当に重視するのが3つの資質であり、その中でも顧客視点です。いかに人格が優れ、業務を優秀にこなすことができても、この資質に欠けている人は人事を担当すべきではありません。

人事担当に求められる3つの資質とは?
50名規模の会社の場合、総務・人事担当は1人だけ、多くても2人という会社がほとんどです。今回は、人事に向いているのはどんな人かという切り口で、人事担当に求められる3つの資質について解説します。
人事担当に求められる顧客視点とは?
人事担当に必要不可欠な資質として忘れがちなのが顧客視点です。今回は人事担当にとっての顧客とは誰なのか、求められる顧客視点について解説します。

また、私の友人でもいますが、海外ではCHROという役職を設置し、従来の人事部長に求めていた役割を再定義しています。財務・会計部門をCFOとして再定義したのと同じですし、先程の記事とまさに同じ方向に向かっていると言えるでしょう。

CEOの右腕となるCHROとは? その意味と役割を詳細解説!
経営者向けの雑誌でも紹介され、ようやく日本でも知名度が増してきた感のあるCHROという用語について、今回はCHROの役割、人事部長との違いをご紹介します。
戦略人事とCHROに求められる役割とは? ポイントはG3体制!
ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)12月号の特集が「戦略人事」ということで、今回は、私が人事労務管理に関するご相談に対応する中で日々感じる違和感に対して、大胆な提言を示してくれる内容をご紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人事の仕事というと、採用、面接などがすぐイメージされますし、それが人事の花形業務と考えている人も多いようですが、それは枝葉の業務であって、全く違います。

率直に言ってしまうと、採用や面接が花形業務と思うのは、応募してきた中途採用や新卒の人たちに対して会社概要や今後の方針などを説明して、自分たちが偉くなった気分になるためだとすら思っています。

人事というのは、組織内の各部署の社員を顧客とするバックエンド業務です。組織内で各部署の順位をつけるとすれば、間違いなく一番下の部署であるべきです。

ただ、一番下とはいっても、会社の土台・骨格づくりを担う仕事であり、木であれば根になる部分です。しっかり根が張ってあるからこそ木は大きく育っていきます。

経営者にとって人事という組織・役割は慎重に扱う必要があります。

人事というのは、人を扱う部署であり大切にすべき組織ですが、大切にしすぎると増長する(そんな権限を持つことができる)、そんなバランスをとる必要がある組織です。

この点については、以下の記事でも解説していますのでご参考ください。

人事の仕事に求められる3つのポイントとバランス感覚
人事の仕事とは採用だけではありません。今回は人事に求められる仕事内容と役割について解説します。
未来の人事が求められる仕事と役割とは?
本記事以外の人事労務情報も満載の
Facebookページを、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする

人事の秘訣を知りたくありませんか?

人事の秘訣を知りたくありませんか?

本音満載で人事の秘訣を毎週お伝えしています。

過去の配信情報など、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

注意
*は必須項目を示しています。なお、氏名の欄には本名を漢字で入れてください。「たこ」など明らかにふざけた名前を登録している方がいますが、見つけ次第削除しています。


この記事を書いた人


安部敏志

あべ社労士事務所代表・社会保険労務士

国家公務員I種職員として労働基準法・労働安全衛生法等の立案や企業への徹底的な指導に従事した経験を武器に、退職後は逆に会社を守る立場として経営者・人事担当者からの人事労務管理に関するご相談に対応。

最近は記事の執筆やセミナー講師の依頼にも積極的に対応。仕事内容がわかりにくいとよく言われるので、業務内容・実績を紹介するページを作成しました!

ご相談・ご依頼はこちらから

error: Content is protected !!